『 ドアノブ.jp 』は有限会社デリケートトゥールがお届けする、フランスの有名ドアノブメーカ「KAOLINE」の紹介・販売サイトです。
Delicate Tool BRIONNE
mail precondition
TOP > KAOLINEの紹介

ハンドメイドの良さ
ドアを開けるとき必ず触るドアノブ。職人が作ったやさしさを感じてもらえるはずです。 人が実際に手で触れる部分からは、手作りのぬくもりを直接感じ取ることができ、家全体も暖かな雰囲気になります。 手作りのため、同じ商品でも微妙に風合いが異なるなど、ハンドメイドならではの味がでています。 また、絵付けがある陶器の絵ももちろん全て手作業です。
陶器の美しさ
陶器の色は全部で74色から選ぶことができます。 深みのある色から明るく爽やかな色、温かみのある色を豊富に取り揃えております。 お部屋に合う色、お好みに合う色がきっと見つかることでしょう。 また、色のみでなく絵付けがある陶器もご用意しています。 さらに形状も様々なパターンをご用意しています。 お客様の感性にピンと来る商品をとことん吟味してください。
陶器見本はこちら>>
メタル部分の色
7色から選ぶことができます。日本ではなかなか見つけることができない色合いのものをご用意しています。 メタル部分も職人の手によって仕上げられているため、錆びた感じなど、とてもよい風合いになっています。 年月の経過とともに、さらに、味が増してくることでしょう。 アンティーク調が好みな方にはきっと満足していただける商品ばかりです。
金属見本はこちら>>
商品のバリエーション
ドアノブの陶器部分はお好みの太さや形を選ぶことができます。 引出しやクローゼットのノブも大きさが選べます。ノブは陶器のみのものとメタルがついたものなどバリエーションがあります。 また、ドアにつけるための台座もメタルや陶器から選ぶことができ、自分のスタイルを妥協することなく、楽しく選ぶことができます。 さらに、ビスにまでこだわりを持ち、陶器やメタルの色に合わせてご用意しています。 陶器の色やメタルの種類によって、アンティーク調やモダン・クラシック・エレガントなどお好きなスタイルを楽しむことが可能です。 組み合わせが自由でバリエーションが豊かなKAOLINEのドアノブをお客様のスタイルに合わせてお選びください。
KAOLINE UCD'A(カオリンヌ UCD'A)は、アンバザックセラミック工場(UCD'A)を引き継いだ会社です。 この会社は、1928年にリモージュ(LIMOGES)から15KMのアンバザック地方(AMBAZAC)に創設されました。 当初は、ドアノブやレバーハンドルは、生産量の20%しか当てられず、部材も専門家または保証された卸売商飲みにしか、引き渡していませんでした。 1970年初期、電気工学が徐々に磁器からプラスチックに変化されたのを期に、全ての装飾金物商品を直接商業化することを決意、大型日曜大工店に商品供給を行いました。
KAOLINE UCD'A社は全ての商品に対して、"LIMOGES FRANCE"(リモージュ・フランス)と商標できるフランスでたった1社です。 現在、KAOLINE UCD'A社はBRIONNE社製の鉄と陶器の巧みな融合により、革新を遂げ、特に輸出については、1996年には、生産量の4%だったものが、 2003年には、35%までに拡大成長を遂げています。 主な輸出先は、北アメリカ、ロシア、オーストラリアとなっています。 30人の熟練した職人が、年間100トンのセラミック粘土、30トンの異なる色薬、ガス120トンを用いて、4億個の商品生産を担っています。
Copyright © 2005 Delicate Tool All Right Reserved
Web Site Developed by NALL